上松町 
お問合せお問合せ
English한국어
中文簡体中文繁體
ホームくらし・手続き子育て・教育
健康・福祉行政情報安心・安全

お宮の森裏遺跡「日本最古のクリ」について(館報号外)

1992年(平成4年)~1993年(平成5年)に国道19号線バイパス工事の着工に伴いお宮の森裏遺跡の発掘が行われました。25号住居址からはドングリ類やミズキ、クリなどの植物遺体があり、当時の発掘報告書にも「日本最古のクリとしてきわめて重要である」と記載があり、科学的な分析を行ったところ「日本最古のクリ」であることが判明しました。
2017年(平成29年)12月に記者発表後、「館報号外」を次のとおり発行しましたのでお知らせします。


1.館報号外(2018.1発行)


1ページ



2ページ


3ページ



4ページ


全ページ

こちらからpdfダウンロードできます。


 

2.お宮の森裏遺跡「日本最古のクリ」出土品展示会開催中(1月末まで)

平成30年1月末まで、上松町公民館イベント室において、お宮の森裏遺跡から発掘された土器や石器の一部を展示してします。日本最古のクリの現品が展示できないため、写真パネルで展示をしています。入場料は無料となっていますのでご覧下さい。





 

3.問い合わせ先

上松町教育委員会 社会教育係
〒399-5607
長野県木曽郡上松町大字小川1706番地
TEL 0264-52-2111  FAX 0264-52-5151

ページの先頭へページの先頭へ