上松町 
お問合せお問合せ
English한국어
中文簡体中文繁體
ホームくらし・手続き子育て・教育
健康・福祉行政情報安心・安全

児童手当

中学校卒業前までの児童を養育する方には、児童手当が支給されます。

児童手当について

お子さんが生まれた時や、上松町に転入されたときに児童手当認定の申請手続きが必要となります。役場窓口にて出生・転入の手続きをされたときに案内がありますので、必要書類を提出してください。

提出するもの

  1. 認定請求書(窓口にてお渡しします)
  2. 請求者の保険証の写しなど
  3. 前住所の市町村長が発行する児童手当所得証明書
    (転入された方やその年の1月1日に上松町に住所登録がなかった方)
  4. その他必要に応じて提出していただく書類

手当の支給は、事由が発生(お子さんが生まれり、転入されたり)した翌月から支給されます(4月にお子さんが生まれた場合、5月分から支給)が、申請が遅れると遅れた月分の手当を受け取ることができなくなりますので、事由が発生後15日以内に書類を提出するようにください。

※里帰り出産などで請求書の郵送が必要な場合は申し出ていただければ対応いたしますのでお問い合わせください。

制度の詳細

支給額(児童1人当たりの月額)

児童の年齢 児童手当の額 特例給付
※1の額
3歳未満一律15,000円一律5,000円
3歳以上
小学校修了前
1子・2子10,000円
3子以降※215,000円
中学生一律10,000円

※1 児童を養育されている方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として一律5,000円が支給されます。

※2 第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち3番目以降を言います。(支給対象となる児童は中学生までですが、高校生も含めて数えます。)
例:長男20歳=対象外 次男17歳=1子 三男14歳=2子 四男11歳=3子


支給時期

原則として、毎年6月10月2月にそれぞれの前月分までの手当を支給します。

ご不明な点等ありましたら上松町教育委員会子育て支援係までお問い合わせください。

ページの先頭へページの先頭へ