上松町 
お問合せお問合せ
English한국어
中文簡体中文繁體
ホームくらし・手続き子育て・教育
健康・福祉行政情報安心・安全

上松町の結婚に関する各種制度について

 
 上松町では、ご夫婦の結婚に対するお祝いと新生活支援のため、「結婚祝金」・「結婚新生活支援補助金」という2つの制度を実施しています。それぞれ異なる受給要件があり、両方に該当していればどちらも申請することができますので、下記詳細をよくご確認の上、申請をお願いします。
 また、申請について不明点や難しい点等ありましたら、担当がサポートをさせていただきますので、お気軽に企画政策係までお問い合わせください。


【留意事項】
 これら制度による祝金・補助金は一時所得として扱われます。一時所得は年間の合計額が50万円を超えると課税対象となるため、両制度を受給した場合(最大合計85万円)、あるいは他の交付金・補助金を同年内に受け、合計が50万円を超える場合は確定申告が必要となりますので、ご留意ください。
 

「結婚祝金」について (令和2年4月開始)

 町内における結婚とそれに伴う新生活への支援のため、対象となる夫婦へ祝金(現金20万円+商品券5万円分)を支給します。

【概 要】

支給対象者要  件支給額申請期限
右の全ての要件に該当する夫婦
1、令和2年4月1日以降に婚姻届を提出していること。

2、夫婦の双方が、住民基本台帳法(昭和42年法律81号)に基づく本町の住民基本台帳に記載され、祝金の申請をした日から5年以上本町に共住する意思を有すること。

3、町税等に滞納がないこと。

4、過去において、夫婦のいずれかが、この要綱に基づく祝金の支給を受けていないこと。
現金
20万円

上松町共通商品券 
5万円分
婚姻届の提出日から起算して6カ月以内


【留意事項】


〇夫婦共に、申請日より5年以上本町に居住する意思がない方は支給を受けることができません。

○町税等(町税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料及び介護保険料、保育料、賃料、水道料金、町に収めるべき使用料、手数料等)に滞納がある方は支給を受けることはできません。

〇上松町外で婚姻届を提出後、上松町に転入した夫婦についても、上記の要件及び期限に該当すれば、申請が可能です。

〇祝金の支給方法は、現金は振込、商品券は役場窓口での受渡となります。


【上松町共通商品券について】 

〇商品券は上松町内の商店・事業所で利用可能です。

〇商品券には使用期限があります。交付決定日から6カ月以内にご利用ください。

 ※商品券のご利用に関する詳細につきましては、上松町商工会(Tel:0264-52-2157)へお問合せください。



【申請について】

申請前に、支給要件に該当しているかこちらでご確認ください→支給条件確認フロー  (97kbyte)pdf

全ての条件に問題がなければ、下記の書類を上松町役場 企画財政課 企画政策係までご提出ください。

 
提出書類

(1)上松町結婚祝金支給申請書(様式第1号) (18kbyte)doc

(2)納税証明書 ※夫婦となる2人分の証明書が必要となります。

(3)婚姻したことが分かる書類(戸籍等)  ※上松町に本籍がある場合は提出不要です。



申請から受給までの流れはこちらでご確認ください事務手続きフロー (70kbyte)pdf

ご不明な点やご相談に関しましては、企画財政課 企画政策係(℡:0264-52-4901)までお問い合わせください。


【要綱・各種様式】

資料・様式名ダウンロード
上松町結婚祝金支給要綱Word (34kbyte)doc 
制度概要資料Word (38kbyte)doc
(様式第1号)上松町結婚祝金支給申請書 Word (18kbyte)doc
(様式第1号)上松町結婚祝金支給申請書 記入例Word (26kbyte)doc



「新生活支援補助金」について (令和4年4月より内容が拡充しました)

 結婚にともない、購入・新築・賃借した新居へ引越しをされた対象夫婦に対し、かかった費用の補助を行います。

【概 要】

支給対象者要  件対象経費・対象期間・補助額申請期限
右の全ての要件に該当する夫婦
1、令和3年4月1日以降に婚姻届を提出していること。

2、夫婦の双方が、住民基本台帳法(昭和42年法律81号)に基づく本町の住民基本台帳に記載され、補助金の申請をした日から5年以上本町に共住する意思を有すること。

3、夫婦の双方が婚姻届提出日において39歳以下であること。

4、下記(A)により算出した夫婦の合計所得が400万円未満であること。

5、他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと。

6、過去において、夫婦のいずれかが、この要綱に基づく祝金の支給を受けていないこと。

7、町税等に滞納がないこと。

8、夫婦の双方が暴力団員ではないこと。
対象経費
①住居費
(婚姻を機に支払った住宅の新築費用、購入費用、賃借料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料等)

②引越費用
(転居先住宅への引越しに伴い支払った引越業者・運送業者への支払費用)

③リフォーム費用
(婚姻を機に住宅をリフォームした工事費用 ※家電の購入・設置費用は除く)


対象期間
婚姻届提出日または、同居開始日(※)~その翌年の3月末日
※婚姻届を提出した年の1月1日より以前の支払いは対象外

補助額

対象期間内に支払われた①~③の合計額に対し、上限30万円

※夫婦がともに29歳以下の場合は上限60万円
婚姻届提出日の翌年の3月末日

※詳細につきましては、「制度概要資料」 (154kbyte)pdf「支払対象期間と申請可能期間について」  (134kbyte)pdfを参照してください。

【所得算出方法(A)】

(a)夫婦の合計所得 - (b)夫婦の合計貸与型奨学金年間返済額 = (c)算出額

・(c)算出額が400万円以上の方は補助対象外となります。
・婚姻を機に夫婦の双方またはいずれかが、離職しており、申請日において無職である場合は、その方の所得は「0円」として算出します。




【留意事項】

〇夫婦共に、申請日より5年以上本町に居住する意思がない方は補助を受けることができません。

○町税等(町税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料及び介護保険料、保育料、賃料、水道料金、町に収めるべき使用料、手数料等)に滞納がある方は支給を受けることはできません。

〇上松町外で婚姻届を提出後、上松町に転入した夫婦についても、上記の要件及び期限に該当すれば、申請が可能です。



【申請について】

申請前に、補助要件に該当しているかこちらでご確認ください→補助条件確認フロー (129kbyte)pdf

全ての条件に問題がなければ、下記の書類を上松町役場 企画財政課 企画政策係までご提出ください。


提出書類

(1)交付申請書(様式第1号) (68kbyte)doc 

(2)婚姻届受理証明書or婚姻後の戸籍謄本

(3)直近の所得証明書類等

(4)納税証明書

(5)離職票

(6)奨学金の返済額がわかる書類

(7)物件の新築請負契約書写し・領収書等写し

(8)物件の売買契約書写し・領収書等写し

(9)物件の賃貸借契約書写し・領収書等写し

(10)住居手当支給証明書(様式第2号) (36kbyte)doc 

(11)引越費用の領収書写し

(12)リフォーム費用の領収書写し

※(5)~(12)は、それぞれ該当する資料のみ提出してください。
※(3)~(6)は、夫婦2人分を提出してください。



申請から受給までの流れはこちらでご確認ください事務手続きフロー  (89kbyte)pdf

 ご不明な点やご相談に関しましては、企画財政課 企画政策係(℡:0264-52-4901)までお問い合わせください。


【要綱・各種様式】

資料・様式名ダウンロード
上松町結婚新生活支援補助金交付要綱PDF (294kbyte)pdf 
制度概要資料PDF  (154kbyte)pdf
支払対象期間と申請可能期間についてPDF  (134kbyte)pdf
(様式第1号)上松町結婚新生活支援補助金交付申請書Word (68kbyte)doc 
(様式第1号)上松町結婚新生活支援補助金交付申請書 記入例PDF (190kbyte)pdf
(様式第2号)上松町結婚新生活支援補助金住居手当支給証明書Word (36kbyte)doc 
(様式第2号)上松町結婚新生活支援補助金住居手当支給証明書 記入例PDF (72kbyte)pdf
(様式第4号)上松町結婚新生活支援補助金変更交付申請書Word (15kbyte)doc
(様式第6号)上松町結婚新生活支援補助金交付請求書Word (33kbyte)doc 




問い合わせ先

  上松町役場 企画財政課 企画政策係 まで 
ページの先頭へページの先頭へ